About Us

IRU GRAHAM より

ハープとの出会いは・・、

ある秋分の日、「ハープを奏でなさい・・。」と、耳元でスピリットから囁かれたのがきっかけでした。今まで、ハープを弾くというアイディアがなかったので、びっくりしましたが、その言葉を信じてハープをいろいろと探し求め、このセドナヒーリングハープと出会うことができました。

 

ハープ一つ一つがカリフォルニアの赤杉から作られた手作りであり、共鳴盤から出てくる倍音の響きは、身体とハートと精神に染み渡り、その浄化と癒しの倍音は、長い間、私のハートの中で結晶となっていた悲しみをスーっと溶かしていきました。

 

初めてハープを手にしてしばらくは、毎晩、布団の中で、ハープを抱きかかえ、泣きながら奏でていました。

それをすることを自分に許しながら、一週間くらい続けていたら、悲しみがあった場所に光が宿っていくのが感じられました。

私の最初のハープには、涙の跡がいっぱい付いています(笑)

 

私がこんなにハープにのめり込むことになったのは、癒しの力と、また、自分への身体とつながる素晴らしいツールだと実感したからです。

私は仕事柄、たくさんの方のヒーリングやリーディングをさせていただき、スピリットとつながることが多いのですが、気がつくと、高次元の存在とたくさん繋がりすぎるため、肉体へ戻ってくるのが大変な時があります。そんな時、 このハープは倍音の力で私の精神を、ボディへと戻してくれます。

 

セドナヒーリングハープは、大地にグラウンディングしながら天につながり、光の柱を自分の中とその場に作り出す光のツールだと私は思っています。

 

セドナのボルテックスで、ハープを弾き始めるや否や、どこでも道行く人が立ち止まり、しばらく耳を傾けて、一呼吸してから「ありがとう」と言って去っていきます。

 

ハープはどこを弾いても素敵な音が出るチューニングとなっています。心のままに、その時の気持ちで、弦の好きなところを奏でてください。

 

すぐに、その倍音と光があなたの全身を包み込み、高次元の波動の中で、心とマインドと身体が、緩んで癒されて喜んでいくのを実感していただけることでしょう。

HEALING HARP ACHADEMY より

ハープに向かい合う時間は、自分のための癒しの時間でもあり、セレモニーの時間。

 

心を沈め無心に奏でていると、身体が光の粒子となり、大自然と融合し、宇宙へと広がっていくかのようです。

そしてその倍音と波動は、母なる大地、地球への感謝と祈りと癒しとなっていきます。

ヒーリング・ハープを奏でる奏者として、美しい波動と心と愛に満ちた豊かな人間作り、

 

豊かな地球作りを、私たちは目指しています。

photo & web design by Masayo Benoist www.creativerain.cc 

  • facebook-square
  • Twitter Square